« 花に出会う 4 | トップページ | これも世相か »

2010年4月13日 (火)

花に出会う 5

今回の花は、4月になって撮った写真。

 

今年も夜峰山の野焼きを担当した。

ボランティアに参加する人の中には、野の花に詳しい人もいて、

そういう人と担当する班が一緒だと助かります。

 

 

♯14 キスミレ

夜峰山の頂上付近、昨年、輪地切りをして、太陽が降り注ぐ場所に咲いています。

阿蘇の春を代表する花の一つです。

野焼きした後の牧野でも咲くそうですから、輪地に咲くキスミレは先発隊だね。

Kisumire 

 

♯15 春リンドウ

この花も、小さいながらも阿蘇の春を代表する花。

輪地切りで刈られた萱の根元に隠れるように咲いていた。

蕾が開き始めています。間もなく、青い星のような顔を見せることでしょう。

Harurindou

 

火入れする場所が頂上から谷に移動。私たちも火消し棒を持ち、急斜面を降ります。

日陰の多い林の縁には、上で見かけた花とは、また趣きの違う花が咲いています。

 

♯16 ヒトリシズカ

名前だけは知っていましたが、今回、教えてもらい、どんな姿の花なのか判りました。

Hitorishizuka

一人静といいながら、周囲には友達がいっぱいです。

白い花のように見えるのは、雄しべだそうです。

花も萼もなく、雌しべは雄しべの付け根のほうについているようですが、

もっと近づかないとわからない。次に見かける機会があれば、じっくり観たいものです。

 

♯17 ニリンソウ

イチリンソウ、ニリンソウも名前は知っているけれど・・・でした。

「これは、イチリンソウかも」と同行していた人が言っていました。

 

でも、帰宅して調べたら、葉の様子が、どうもニリンソウのような気がするのです。

必ずしも二輪が同時に咲くわけでないようなので、ここではニリンソウとしておきます。

面白いことに、サンリンソウもあるそうです。

Nirinsou

 

 

♯18 ヤマエンゴサク

日陰に咲いた様子は、まるで妖精の帽子という風情でした。

周囲から、ぽっと浮き出て、微妙なグラデーションの花に見とれてしまいます。

Yamaengosaku

この花は、白水の滝で見かけたキケマン(orフウロケマン?)の仲間とのこと。

|

« 花に出会う 4 | トップページ | これも世相か »

コメント

空ママさん☆彡
今の季節は、目移りしそうなほど花が咲き始めましたね。
そうそう、道端にも名の知らぬ花が咲いています。
楽しくなりますよね、歩くのが。
しばらく前、ここのブログはシステムトラブルをしていました。
私自身、管理画面にも行きづらくて困ったんです。
ご迷惑をかけました。このところは安定しています(^^♪

投稿: iharaja | 2010年4月18日 (日) 08時14分

あっ、入りました♪
よかった、よかった ^^

投稿: 空ママ | 2010年4月15日 (木) 11時39分

たくさんの花、じっくり見せてもらいました♪
野の花は、楚々とした美しさがありますね。
メイと散歩してると、見たことのない花に出会うことがあって、
わぁ・・きれい!なんて花だろう?と思うことがあります。
話は変わりますが、前にこちらにコメントしようとした時に、エラーが出てしまって入りませんでした。
今回は入るといいなぁ。。

投稿: 空ママ | 2010年4月15日 (木) 11時37分

この記事へのコメントは終了しました。

« 花に出会う 4 | トップページ | これも世相か »