« 2010年9月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月29日 (水)

積み木

国道57号線、荻町を車で通過中。

畑が雪におおわれているのを何気なく見ていたら、カラフルな物が視界に入った。

何だろうと、車を止めてみると、採集コンテナ。

野菜の収穫の際に使用するのでしょう。

Container101226

色とりどりの積み木のよう。

(2010年12月26日、荻町にて)

| | コメント (0)

待ちましょう

「お先に!」と駐車場へ行くと、案の定、車にも積雪。

大したことはなさそうなので、そのまま車に乗り込むと、フロントガラスも雪模様。

Frontwindow101226

綺麗なので、そのままにしておきたいくらいですが、これでは運転ができない(笑)

凍りついてはいないので、温風を窓に送風。

しばし、待ちましょう。

(2010年12月26日、内牧にて)

| | コメント (0)

築100年の古民家。

建築当時からあったのかは不明だが、硝子戸に模様あり。

Iki101226

高い山とふもとの町。

なんとも粋です。

 

外は雪景色。

(2010年12月26日、阿蘇ゆたっと村にて)

| | コメント (0)

2010年12月16日 (木)

季節の香り

その店に入るなり、ふわ~っと、柚子の香りに包まれた。

見ると、柚子を入れた籠が置かれている。

柑橘類の香りは大好きだ。

Yuzunokaori1123

大阪から来た親戚への土産を買おうと訪れた和菓子店。

柚子を使った菓子が数種あるだけの店。こういう店も今や貴重だ。

|

2010年12月 5日 (日)

タッチダウン

輪地切りが雨のために午後の作業がなくなった。

高森を経由して帰路に着いた時、阿蘇山が雲のお風呂に入っているようで

車を止めて、写真を撮った。

私の持つコンパクトデジカメはマニュアルで焦点を決められない。

だから、雲などを撮るときはピントが合わせづらいのです。

一眼レフを持って来ていなくて、残念。

Touchdown1024

パソコンのモニタで拡大して見たら、やはり、ピントが甘い状態でした。

 

よく見ると、月廻り温泉館の一万坪の大広場に雲の足が幾本もタッチダウン。

上ばかり見ていて、気付かなかったなあ。

広場を歩いたら、雲をつかめたかもしれないのに。 ああ、残念。

(10月24日、高森にて)

| | コメント (0)

今宵の船旅は

雲を追いかけ、港に着いた。

少し荒れた波。

Minato1015

自分が乗るわけでもないのだが、

今夜は、少し揺れるのかしら・・・などと思う。

(10月15日、大分港にて)

| | コメント (0)

面白いレンズ雲だったのになあ

西の空に面白い雲を見かけ、とにかく追いかけた。

小ぶりの(遠くから見ればだが)のレンズ雲がいくつも重なっていた。

でも、街中は、車を道路脇に停めるのもなかなか。

Henkasuru1015

ようやく、広い空間を見つけた時は、

すでに雲の形は、すっかり変わってしまっていた。

(10月15日、大分港付近にて)

| | コメント (0)

ゆたっと村のフレンド君

フレンド君、その名の通り、とてもフレンドリー。

Friend-kun1009

愛護センターから引き取られて来た。

フィラリア治療中だ。

とっても元気。今では、ゆたっと村の村長代理らしい。

(10月9日、阿蘇ゆたっと村にて)

| | コメント (0)

ジャストの高さ

この日の雲は、外輪山すれすれの高さです。

ミルクロードは沿線に牧場が点在する道。

今、この時は、ミルク色の霧に包まれているでしょう。

Kyoukaisen1009

阿蘇盆地は、500~600m前後。

それを縁取る外輪山は標高が900~1000m位らしい。

(10月9日、阿蘇にて)

| | コメント (0)

知っている

時間になると、ごはんをもらえるのを知っているのでしょう。

猫たちが待っていました。

その内に、ドアが開き、さあ、ごはん。

Nekotachi1009

 

ところで、写真を撮った時は全く気がつかなかったのだけれど、

パソコンで写真を見ていたら、猫たちのそばに置いてあった黒い入れ物に何やらいる!

ミドリガメだった。それも、2匹。人の気配に自分たちも、お食事タイムと思ったのか。

顔を水面に出し、催促しているように見える。

Kametachi1009

(10月9日、某所にて)

| | コメント (0)

この距離は何だろう

ガラ空きの駐車場脇に車を止めて、母を待っていた。

何気なく駐車場の端に立つ家の玄関を見たら、白い猫。

声をかけようかと思ったときに、少し離れた場所に、同じ格好の白猫を見つけ、

置き物なのかもしれないと思った。

White-cats1103

けれど、玄関の猫の首が動いた。両方とも本物の猫だね。

 

この2匹の距離は何だろう。

親子かな、兄弟かな、それとも、赤の他人? 赤の他猫という表現がいいかしら?

いえいえ、白猫だってば(笑)

 

仲の良い猫同士でも、少し距離を置きたいときはあるものです。

| | コメント (0)

休憩中

阿蘇、内牧の西湯浦水辺公園近く。

10月9日の撮影。

ホバリングしているトンボは撮れなかった。

 

休憩中にすみません。写真を撮らせていただきます。

Halloo1009

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2011年1月 »